×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

    

     
     疾風迅雷 攻略

基本スペック



大当り確率   : 1 / 399.4
確変中確率   : 1 / 41.6
賞球数     : 3&10&12&15
確変突入率   : 100% 全ての大当り後(ST)74回転
大当り出玉   : 約150 or 500 or 1100 or 1630個
時短内容    : 大当たり終了後70回転
潜伏確変    : あり
平均連チャン数 : 4.95回
期待出玉    : 4760個
			
			
ボーダーライン
換金率2.5円  : 20回
換金率3.0円  : 18回
換金率4.0円  : 17回



▽ 備考
STタイプは結論的に言えば、他のタイプと比べて勝ち負けが激しく変動することだと言え
ます。 “地中海”などの“海シリーズ”や、 “牙狼”以上に大勝ち・大負けの起伏があり、
1日あたりでも勝ちで+40万、 負けで−28万円前後の差額がそれぞれ生じる潜在性のあ
る波乱機種とされています。 より安定を望むのであればマックスタイプなどの機種を選ぶべ
きだということも言えます。 勿論、パチンコのボーダー自体が、 原則、回転数(釘の調整)
に大きく左右されるので一概には言い切れない面もありますが。

回転数も1000円あたり17回転を大きく下回るマイナスの低回転となった場合に−28
万円前後の負けを喫する潜在性もあります。この機種の場合には、シャカRUSH R など
がボーダーライン上で+となっていても、出玉に大きな波乱がでて大負けする特徴も備えた
荒波機種とされているのと比べますと、ボーダー上の+−の数値に幾分かは左右されやすい
特徴を兼ね備えているのだと言えます。18〜20回転以上で打ちたいところです。




演出と攻略


ランプ判別

▽ モード抜け後も確変継続
ヘソ入賞時の22%が“電サポなしの2R確変”となるので、潜伏確変を判別するにはセグの
チェックが必要。  『サイクロンモード』 『スーパーサイクロンモード』 移行時に、盤面右
上の2Rランプが要チェックとなります。2Rランプが点灯していれば潜伏確変突入です。さ
らに言えば、2Rランプの点灯を見逃しても、 モード移行から74回転 回してしまえば、確
変の取りこぼしは無いでしょう。


▽ セグの判別
『サイクロンモード』 時のセグとしては、「 C・Y・C 」 となり、『スーパーサイクロン
モード』時のセグとしては、「 3・5・7 」となります。


▽ 朝一ランプ
盤面右上のランプ群のうち、盤面右上の7セグ上にある3連ランプの一番左ランプが点灯で潜
伏確変濃厚となります。さらに、前日確変状態でも、何回転されているかによって確変回転数
が変わってきます。



リーチ

▽ 消滅リーチ
リーチ発生後に突如画面が消える 「消滅リーチ」 にて図柄が3つ揃いになれば大連チャンの
チャンスとなり、また最後の4回転後の引き戻しも期待できます。


▽ サイクロンリーチ
小当たりor2R確変の『サイクロンモード』では、サイクロンリーチがかかる台は好調のサイン
だとされています。


▽ 雷神リーチ
雷神リーチのハズレ後は“お詫び”の出現で復活が期待できます。